藩境のまち 肥後街道 ~小保・榎津の町並み~

higokaidou.exblog.jp
ブログトップ

日吉神社例大祭(船曳き祭り)

第11回 藩境のまち 肥後街道宿場を歩く も無事終わりました。         筆: 渡辺
散策された方どうでしたか?似顔絵は似ていたでしょうか?

今日は5月8日にあった榎津にある日吉神社例大祭について
c0223769_0373539.jpg

  ↑↑↑
日吉神社の船御輿です。

この船御輿は、長さ9.3m、中央幅2m、高さ3mで、杉が用いられ船体には漆が塗られています。
釘は一本も使用されず組立式になっていて、底部に四輪の木車を取りつけ曳行できるようしてあります
c0223769_0531851.jpg


c0223769_0554191.jpg屋根は前後部にわかれ後部は舞台となり中央に組立て式の傘鉾を立て上部に神祇を祭りバレンを飾ります。

神功皇后が船を着けられたという伝説にちなんで船曳きの行事が行われています(ここ十数年曳かれていません)
船御輿は、当地に居住していた船大工が伝来の技術を用いて作り 安永3年(1774)に奉納したものです。
その後 文化6年(1809) 慶応4年(1868) 昭和2年 平成4年に修理がおこなわれました。
船大工はみな 志岐 姓を名乗り大川木工の祖、榎津久米之介に従って移り住んだ者の末商であるといわれています。
c0223769_1263461.jpg

屋号を岩国屋、薩摩屋、五島屋、周坊屋、肥前屋、二見屋などと称し久留米藩の御用船をはじめ諸国の船を作りました
屋号はその国名にちなんだものです。

船御輿は昭和38年 福岡県指定文化財(民俗資料)に指定されています。
残念ながら普段は車庫の中に大事に大事に保管されているので日吉神社例大祭の時しか見物出来ません

5月9日に行われた肥後街道宿場を歩くの反省会で庄分酢の高橋さんが 船曳き祭り 再開に向け熱い想いを語られたので近い将来船御輿の優雅で堂々たる姿を旧いまち並みで見物する事ができるでしょう!!
c0223769_1522788.jpg

[PR]
by higokaidou | 2010-05-11 01:53 | イベント