藩境のまち 肥後街道 ~小保・榎津の町並み~

higokaidou.exblog.jp
ブログトップ

藩境のまち 大川の小保、榎津な人々~事務局編~

秋の訪れが待ち遠しい 今日この頃
皆さん、お元気でしょうか?


今回の人物紹介は、「藩境のまちづくりを考える会」の
事務局で働く、麻生由季さんと龍由美子さんを紹介します


c0223769_21552638.jpg


麻生さん(向かって左)は、大学で建設工学を学び、
大学院では、生活環境や芸術工学を専攻した博士です。
全国各地の歴史ある古い町並みの研究、保存に携わって
きた経験を生かした仕事をしています。


龍さん(向かって右)は、芸術系大学でデザインを学んだ
グラフィックデザインの専門家です。イベントで使用する
ポスターやチラシ等の作成など得意分野を生かした仕事を
しています。


c0223769_2223276.jpg

c0223769_22235865.jpg


『藩境のまちづくりを考える会』は、昨年の11月に小保、榎津の地元の人たちを中心に設立された
団体です。現在、会員は45名、毎月1回定例会を開催しています。昨年度の活動は、住民の意識を
調査するためのアンケート調査、案内看板の作成、木下家の修復等を行いました。
本年度は、これまで4回のワークショップを開催し、伝建(伝統的建造物群保存地区)の先進地視察や
まち歩き、景観についての意見交換、サイン計画等の勉強会を行っています。
これからの主な活動は、10月23日に行われる『街角ほっとコンサート』に合わせて、会の活動や古い
町並みを紹介する写真展(肥後街道運営委員会共催)を開催、また11月14日には宮本、大森両先生
をお招きしての講演会を開催します。
 ※講演会については、後日詳しくご案内致します。

c0223769_2251089.jpg


歴史的価値のある『藩境のまち、小保、榎津』が、将来
伝建(伝統的建造物群保存地区)を目指すためには
今回紹介した、事務局の二人が私達に与えてくれる
様々な知識や前に進む勇気が不可欠です。どうか
これからもよろしくお願いします。


二人が働く事務局は、大川観光情報センターの中に
あります。藩境のまちに興味のある方は、ぜひお立ち
寄り下さい。二人の他に観光協会の伊藤さん、三宅さん
松本さんも素敵な笑顔で迎えてくれますよ。



                                                      筆:中村タ
[PR]
by higokaidou | 2010-09-03 00:01 | 藩境のまち『人物紹介』